Colnago Super(1973y)のデカール補修


先日も記載しましたが、
下記日程で夏休みをいただきます。

8/11~8/15

お問い合わせに関しましては、
お返事が遅くなると思いますがお休み中でも可能です。
メールのみとさせていただきます。
よろしくお願いいたします。m(._.)m



さてさて、お休み前ということもあり、
作業のお知らせをちょいちょいと。



まずは、とある車両につけようと、
一昨日夜な夜な、オーバーホール&磨きまくっていたこのペダル

ちょっとその予定もなくなりましたので、
また今後のためにストックしておきます^.^





そして、
こちらの車両のメンテナンスが終了しました~♪

メンテナンス後の走りもバッチリです♪

これだけ小さなサイズのMarastoniも
ほとんど見つからないですね~



んでもって、メンテナンスではないですが、、
こちらやっと入荷しました!


お客さまからご依頼を受けておりました
OLIVETTIのデカールです^o^
(Blog記事はこちら)


これからデータ化していきますので、
デカール完成までいましばらくお待ちください!



と、以上3点、簡単なお知らせということで^^



-------------------------------------------------



こんにちは、Anton Bicycleです。



今日はColnago Superのご納車整備の続きを。




この部分ですね~
この欠けた部分。


オリジナルのデカールを剥がしてしまって貼り替え、、、

なんてことは当然あり得ません。



では、結果から。





よ~~~~く見ると分かりますが^^;;

パッと見はほとんど分からないと思います。
これにて整備完了とします!


あ、テスト、調整を行って本当の整備完了ですね^^





ちなみに、補修方法は以下のように単純な方法です。


まず生きている下の帯からデータ化して透明フィルムに印刷。


透明フィルムに印刷したものがこれ。









デカールに重ね合わせてデータを微調整していきます。

データ作成は、この大きさのものでも
各アングルから写真を9枚ほど撮ってデータ化しています。




ビタっ!!^o^

データ完成。



んで、補修する方に重ねてみて。
こちらもぴったり。





必要な部分の領域をマーキング。

これをまたデータに取り込んで、



こんなん作ります。

極薄粘着フィルムに必要な部分を印刷。



べたっとしっかり貼って、


ここからは、息を止める作業です^.^




経年で色が変化したホワイトも調色して、、、




へたくそ^^;;

この後、黒を入れていけば整ってきます。


市販の筆を加工した毛が数本の筆で、本当に息を止めて、
フリーハンドで文字、線を描いていきます。




サイドも。



そして、出来上がったのがこちらです。





多少ゆらぎがありますが^^;;


これにてデカール補修完了とさせていただきます!
m(._.)m



あとは各パーツの再磨きと色入れ。
もう少しです!汗





ということで、

それでは今回はこの辺で!
ではでは~




しかし、小さなサイズのバイク、
本当に見つからなくなってきましたねぇ。。。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です