いつの間にか4月に^^;; OLMOの販売準備!

大変大変ご無沙汰しております!

前回更新から5ヶ月も経ってしまっておりますね。。

長い長い冬でした^^;;

その間我が家のイベントごともいろいろとあり、
一番大きなイベントは長男の卒業、入学、です^^

あんなに小さかった長男も新たな一歩を踏み出し、
着実に未来に向かって進んでいます♪

卒業式や入学式に出席すると、
私たちも刺激を受けますね。
まだまだ負けられんぞ~^o^/

ということで、このBlogもしっかり更新していきましょう^_^;;

—————————————————————–

こんにちは、Anton Bicycleです。

今日は、、、、

昨年から作業しておりますOLMOの販売準備について書いていきます。

こちらのOLMO

以前販売させていただいたOLMOと入れ替わりに入荷。

サイズも小さめいい感じです^^
Top tube : 520 mm(c-c)
Seat tube : 500 mm(c-c)/515 mm(c-t)

まずはパーツを全て外してフレームの洗浄から進めていきます。


かなり汚れが付いていますね。

油汚れなので、洗浄すればご覧の通りすっきりします♪


コルクが詰められてますね~
大事に組み上げられていたことが分かりますね^^

メッキもしっかり

で次に、パーツの洗浄です。

ヘッドパーツとBB

クランクもバラバラにして

綺麗になりました♪

ダメージも特にありません^^

ディレイラーやシフター

磨きも終えて、、


次にブレーキ。どんどんいきますよ~
(といっても数ヶ月スパンで行ってましたが^^;;)

汚れもありなんだか元気がなさそうに見えますね。。

バラバラに分解して、
パーツ一つ一つをサビ取りと磨き。


きれいになると気持ちいい^^

アジャスターのOリングも交換~

きれいに並べてパシャ

グリスアップしながらくみ上げて完成!

次はハブ

汚れ&くすみ

洗浄&磨き

玉押しもしっかり調整して

シートポストも磨いて~

フレームに組んでいきます!

バーテープはオレンジ寄りのイエローにしました^^

ケーブルはクリアーで。

ワイヤリングして、

あとはテスト走行を行って撮影ですね。
撮影終えましたらホームページにお写真アップいたします~^o^

と、久々のBlog更新でした^^;;
m(._.)m

バイクやらフレームやらいくつか入荷していますので、
ちょいちょい小出しにしていきます^.^

それでは今日はこの辺で^^
ではでは~

Cinelli 45 Anniversario ご納車整備完了♪

紅葉シーズンですね~

先日、ちょいとお隣の県にドライブに行ってきました♪

散る間際のイチョウの木

と~ってもキレイでした^o^

子供たちも葉っぱをかぶったりで大はしゃぎ!

 

施設に入っている祖母のお見舞いも兼ねてだったのですが、
現在99歳!

100歳までがんばってほしいという気持ちもありますが、
それはこちらの勝手な思いですね。

しかし100年生きるって、本当にすごいです。

私はまだその半分にも達していないので、
まだまだぺーぺーですね^^;;

限りある人生、
一日一日を楽しく笑って生きていきたいものです。
なかなか難しい場面もありますが^_^;;

—————————————

こんにちは、Anton Bicycleです。

今日はチネリ45周年記念モデル
Cinelli 45 Anniversario
のご納車整備について仕上げの記事となります^^


車両詳細はこちら

ケーブル張りの手前までは記しておりました。

記事①

今回の作業でもっともお時間いただいたのが、
エルゴレバーを用いてのハンドル革巻きです。

通常ブレーキケーブルを意識せず革まきを行っておりますが、
今回はブレーキとシフターのケーブルがあります。

バーテープの場合はケーブルごと巻き巻きしますが、
革でそれを行うと、できることはできますが、
見た目納得いかない。。


ボコッとお山が。。。

うまくやれるかどうか分かりませんでしたが、
作業をお受けさせて頂きました。

ブレーキレバーのボディをハンドルに当て、
ケーブル引きのシミュレーションを何度も行って、
ケーブルライン部分のボディの加工を決定。

パッドどハンドルの段差もかなり大きいので、

その部分も加工していきます。


左が加工後。

分かりにくいですが、
ケーブルライン部分も加工済み

実際に革をまいて確認しながら片側をまず完了させて、
施工方法を確定。

縫い縫い

ステッチはフレームカラーに合わせてパープルをチョイスです。



片側完成!

片側できればもう片側はちゃっちゃと進みます。

あとはケーブルを這わせて、、、

作業完了です!

スペアホイルのVENTOもメンテナンスを行い、
フリーも大きな歯数をいれて、、、

おつものスポットで撮影~♪

雰囲気、オーラ抜群に仕上がりました!

今回「エルゴ革巻き」の新たな作業をご依頼いただきましたが、
新たなノウハウ習得、スキルアップとなりました。
大変感謝しておりますm(._.)m

このたびはご購入、そして、新たな作業のご用命を頂き
誠にありがとうございました!

 

ご安全にビンテージライフをお楽しみくださいませ♪
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

それでは今回はこの辺で。
ではでは~^^

 

Colnago Super入庫 HPに掲載しました♪

ずいぶんずいぶん涼しくなりましたね。

真夏は太陽を避けて、日影日影、、、
と歩いていたのに、

今は、日なた日なた、、、
と太陽の当たるところを歩いています^^;;

木々の葉っぱも色づいてまさに秋
 
バイクに乗るのにも大変よい気候で、
紅葉をバックにバイクの写真を撮ったりも楽しめますね♪
もちろん食欲の秋ですから食べ物も(^.^)

週末、どこか紅葉を見に行こうかなと思っております^^

———————————————————

こんにちは、Anton Bicycleです。

今日は、、、
 Colnago Superのご紹介です。

少し前に入庫はしていたのですが、
バタバタしておりまして、やっと販売準備が整いました(>_<)
m(/_.)m

ホームページにお写真たくさん掲載いたしましたので、
どうぞご覧ください♪(下の写真をクリック)
 

 詳細ページはこちら

まずは、、、

なんといってもこのサイズ!
Top tube : 505 mm
Seat tube : 470 mm(c-c) / 485 mm(c-t)

これまで扱った中でおそらく最小です@o@

商品説明にもありますが、

スタンドオーバーハイトは740mm
写真の状態でリーチ(サドル先端からハンドル芯まで)は450mm
サドルは前後にあと15mmずつは調整可能です。

ヘッドラグはメッキ

若干擦れがみられます


シフターは穴あきをセットしました

シフトチェンジは優しくお願いします^.^

先端だけで操作をすると曲がってしまう恐れがあります。
なるべく根元付近まで保持して操作していただくのが良いですね。

 
パーツは70年代~80年代のものが使われています。
動作など特に問題なくコンディション良好です。

ブレ^気の操作もかなり固かったので、
オーバーホール&チューニングを行いました。

ケーブルもインナーアウター共に新品交換しております。

コルナゴ刻印は、ステムとシートポストにあります。




 
シートポストはさっと磨いて、色も入れなおしました。

後々、刻印入りのチェーンリングに交換していくのも良いですね♪

今回はタイヤにイエローが入っていたので、
ケーブルもイエローにしましたが、

サドルとハンドルをブラウンにして、
や、ホワイトにして、ケーブルの色も変更して、、、、
などいろいろと楽しめそうです♪

いかがですか~^^
ビンテージに乗りたいけど身長が、、、
という方も是非^^

それでは今日は簡単ですがこの辺で。
ではでは~