2020年も残りあと2日!^^;;

前回のBlog更新から10ヶ月開きました^^;;;;;;
携帯からInstagram、Facebook更新ばかりでしたからね。

それにしても今年は大きな変化の年となりました。
コロナにより生活様式、仕事のやり方大きく変わった方多いかと思います。

ずいぶん昔からテレビ電話等ありましたが、
なかなか普及はしませんでしたね。
それが必要に迫られて一気に普及。
リモート会議は当たり前、リモート飲み会なども。
海外との打ち合わせも非常に効率的なものになりました。

ですが、
やっぱりここぞというときにはF2Fが重要だと感じるときもあります。
来年もどんどん変化していくと思います。
適応性が必要ですね^^


こちらは博多港に停泊中のイタリアンな感じのする
博多−釜山を結ぶ予定の新艇フェリー

60億円で建造したもののコロナで動けず博多港に停泊したまま。。
何か使い道は、、、なかなかなさそうですね。。

色々と。。。なニュースが多い世の中ですが、
この寒い中でも元気に花を咲かせているところを見ると少しほっこりします^^



さてさて、今年最後の作業はこちら。

鮮やかなオレンジカラーのColnago Super!
1977年製です。

ブレーキフード含め完全オリジナル状態。
非常に雰囲気抜群な個体です。
こちらはお客様ご自身でご入手された車両でして、
今回フルメンテナンスご依頼いただきました。
ありがとうございます!


各部バラバラにしてチェック。
パーツコンディションは問題なし。
動作が重かったのはグリスが固まっていたからですね。
全て洗浄して新しいグリスで組み上げていきます。


フォークコラムにコロンバスの刻印がうっすらと見えます^^


ブレーキも動作が固かったのでバラしてグリスアップ&チューニング。
ゴムリングも無くなっていたので新たに装着。
新品時の紙タブもまだ残っています♪


ハブなどのアルミ部分は磨きません。
お客様は経年のビンテージ感を重要視されていらっしゃいますので^^
インナーワイヤーもカンパ当時のままいきます。


あともう少しで完成です。
バーテープはお客様がお好みのものをご入手されるとのことですので、
それの到着待ちです^^


2020年はこれで作業終了となります。
みなさま本年も大変お世話になりました。
ありがとうございましたm(_ _)m

2021年もどうぞ宜しくお願いいたします!

それでは良い年末年始をお過ごしください^^



久々にGRANDIS入荷!春はすぐそこ♪

この冬は本当に暖冬ですね~

雪が降らずにスキー場が閉鎖されたりというニュースも耳にします。

ここ福岡でも雪は全く降っておりません。

気温18℃で雨、なんて日もありますし。。

配達に使用している25年もののクルマも

スタッドレスに履き替える必要ないですね。。

雪が降れば子供たちを連れて

すぐにでも雪山に遊びに行くんですがねぇ(T_T)

2月もあと半分。

このまま春になるのかなぁ



——————————————–

こんにちは、Anton Bicycleです(^^)


さてさて今日は、、

タイトルの通り、

ひっさびさに巡り合ったGRANDISについて書きます^^



ますます春はすぐそこ

と思わせるGRANDISが入荷しました♪

といいますのも、

今回のGRANDISのカラー

春イロなんです♪

きれいなパールピンク♪


ヘッドマークは、

GRANDISらしい丁寧な彫り込み♪



ステムの刻印もいいですね~♪

そして、GRANDIS自体レアですが、

さらにレアな刻印チェーンリングも組まれています。

油汚れありますが、歯はほとんど減っていません。


シートポストにも刻印♪

サドルにもGRANDIS~♪

GRANDISについては以前Blogで書いておりますので

こちらをご覧くださいませ^^

http://www.anton-bicycle.jp/grandis-at-velona-italy/




状態も良いので、

クリーニングしながら組み上げて、

バーテープ、ケーブル、タイヤを新品に入れ替えて、

撮影まで終わらせました!


後ほどSPECと一緒ににホームページにお写真を掲載いたします。

UPしましたらまたご連絡いたします~^^



それでは今日はこの辺で。

ではでは!

今週雨予報ですが、なんとか撮影したい(>_<)



2020年スタートしました!^o^

博多雑煮 かつお菜入り


いきなりお雑煮ですが^^;;
お正月休みもあっという間に過ぎ去りまして、
1月もすでに半分を過ぎ。
ハヤイハヤイ

お正月休みはゆっくりするつもりでしたが、
里帰りや家のことなどで動き回っておりました。





好きな車いじり?修理?もこういう時しかできないので、
奥さまの車の「天タレ」に手をつけたりしてました〜
(天ぷらのタレではありません。天井のタレ、です^.^)


去年の秋頃から一気にタレてきました^^;;
生地の裏にあるウレタン層が劣化して剥がれているんですね〜




こうなるともう、張り替えしか手はありません。
経年車両の定番です。。

業者に頼むと軽くウン万円飛んでいきます〜💸😢
ので、自分で^^;;




生地はハラハラ〜っとすぐに剥がれました。

このしっとりと劣化したウレタンをゴシゴシ取って、あとは生地を貼るだけ。

ウレタンを擦り取る作業が
一番面倒かな。。








でいきなり完成〜♪
これで気持ちよく乗ることができます♪




自分の車もやりたいことたくさんあるのですが、
そちらはまだ手が付けれていません(-_-)

早くGWにならないかな〜
気持ちが早すぎますね^^;;





いつもお世話になっております^-^
Anton Bicycleです。


さてさて今日は、
こちらの車両の販売準備について書いていきます。


COLNAGO SUPER 91
Top tube : 520mm(c-c)
Seat tube : 505mm(c-c)/520mm(c-t)

Facebook等ではお伝えしておりましたが、
昨年末に入荷した車両です。
(背後にご納車直前のSammontanaが写っています^^)

コルナゴスーパー末期のモデルですね。
パイプはColumbus CROMOR


パイプデカールにはSUPER ’91とありますが、
コルナゴがあえてそのような名前を付けた?



早速パーツを外してオーバーホール。

ヘッドもBBも問題なしOK^^

ブレーキもチューニングして操作力を軽くしたり、
ディレイラーも調整して、、、




あとはケーブルとバーテープで完了〜

ケーブルはホワイト
バーテープはBENOTTOのシルバーでいきます👊

お写真アップまで、もう少々お待ちください〜m(._.)m



年明けすぐにこちらのDe Rosaのメンテナンスのご依頼をいただいたり、
また別車両のメンテナンスもご依頼もいただき、

そしてこちらのグリーンのCOLNAGO SUPERご納車整備も控えており、


はたまた新たな入荷車両もあり、
皆様のおかげで幸先の良いスタートがきれております。

あっという間に2月、3月になってしまいそうです^^;;が。


2020年もどうぞよろしくお願いいたします!

それでは今日はこの辺で。
ではでは〜