Colnago New Mexico カンパ50周年組み!から移植

久しぶりのBlogです!^_^;;


夏からの激務により、
インスタ、Facebookでの写真アップばかりになっておりました^^;;
ささっとアップできて便利ですし。

それでもやはり、後で見直すにはBlogがいいので
しっかりと記しておかないといけません!

作業のご依頼も多々ありますのでアップしていきます♪

 

にしても、もう冬になりましたね(@_@)

気付かぬうちに秋が終わってしまいました^^;;



ですが、冬は雪という楽しい楽しい自然のおもちゃがあります!
雪が降ったらすぐに山へ突撃できるように、
車のタイヤをスタッドレスに交換しておきましょう♪

大雪を願ってます。
九州、、降るかな。。^^;;

 

------------------------------------------

 

こんにちは、Anton Bicycleです。


今日はこちら!


Colnago New Mexico

カンパ50周年組み!


こちらのメンテナンス、、、ではなく、
この50thパーツを別のフレームに移植するというプログラムです。

このColnagoのサイズが少し大きいということで、
別のフレームに入れ替えていきます^^




各部のゴールドプレート♪

傷をつけないように丁寧に^^



このクランクキャップ。


なかなか見れない裏を見てみましょう♪


見えますでしょうか?
カンパのマークがここにもあります^^




スッキリ!
あとはヘッドとBB外し。



BBのグリスは、、、

 


フレーム&フォークのみになりました。


こちらのフレームは次のオーナー様の元へ、、、

というご希望ございましたので、販売させていただきます^o^
各部撮影後にホームページに掲載いたします。
サイズは、
Top tube : 540mm(c-c)
Seat tube : 530mm(c-c)/545mm(c-t)



トップチューブ、ダウンチューブに、
Mexicoならではの「つぶし」があります♪







それでは、
パーツの洗浄をして、組み込みの準備をしていきましょう。



とその前に移植先のバイクの分解もありますので、
組み込みはまだ先。

じっくりお願いします!とお時間頂いてますので、
丁寧にひとつずつ進めてまいります。

ご配慮ありがとうございますm(._.)m

 


今年も残すところあと3週間。
売約済みのバイク、これから販売開始するバイクもありますが、
年内のご納車はごめんなさい^^;;
来年になってしまいます。


販売開始するバイク、入荷したバイクの告知は、
インスタ、Facebookでサっとアップしております。

いつの間にか売れてた!
というお声を多く頂きます。

よいものはすぐに売れてしまいますので、
是非Instagram、Facebookをフォローください。
Anton Bicycleで検索


それでは今日はこの辺で!
ではでは。




このテープ剥がしが大変だ^^;;




MOSERとCinelliのご納車整備♪

涼しくなってきましたね〜(^^)
バイクに乗るにもよい季節になってきました♪


と言いつつ、
私はバッタバッタしておりまして
全く乗れておりません(^^;)

早朝にすこーし乗るくらいです。


こう涼しくなってくると、
これは毎年のことなのですが、お問い合わせが増えてまいります。

そろそろ乗りたいな
っていうお気持ちになられるのでしょうね(^^)

お電話出られないことも多くご迷惑お掛けしておりますが、
お急ぎの場合はメールを入れておいて頂けますと助かります。
m(._.)m


そして、春と秋は入荷後すぐに売れてしまうことが多いです。
流れが早いです(@_@)

お問い合わせ頂いておりましても、
迷っている間にポンッとほかの方に買われてしまった。
ということも過去にございます。

何度も問い合わせしてたのに〜(>_<)
売れたの〜?!
と(^_^;)

ご決断がお早い方優先となりますので、
その点ご了承下さいませ。m(._.)m

しかし、
お高いお買い物ですのであせらずじっくりご検討下さい。
サイズの妥協だけはやめたほうがいいですm(._.)m

とはいっても、1点モノ。
決断のタイミング、加減がなかなか難しいですよね(^_^;)




------------------------------------------


こんにちは、Anton Bicycleです。



今日は、こちらの二台の整備を。



MOSERとCinelliです。




このMOSERは、あのメジャーなF.MOSERではありません。

Facebookでもいろいろとコメント頂きましたが、
マセラティみたいなマーク(^^)



歴史は古く、Ermanno Moser氏によって1933年に設立されました。
ブランド名は、MOSER Cicli、場所はイタリアTrento

Moser氏はもとプロレーサーで、
下記のリンクのレース結果にも名があります。(54位に)
http://www.bikeraceinfo.com/giro/giro1935.html


他の順位を見ますと、、、

3位、Giuseppe Olmo。あのOLMOですね!
7位、Gino Bartali。Frejus、Legnanoといえばこの方?^^
16位、Alfredo Binda!おー、ストラップの歴史も古い♪
などなど。

見てると面白いですね^^
この後40年代にCoppiとしのぎを削る、のかな^^


今回入荷のバイクは、
80年前後と思われますが、このMOSER自体数少なく出回っていないです。
つくりは丁寧で、
シンプルで落ち着いた雰囲気がお好きな方には良いバイクかと思います♪



コンポはフルGipiemme。
カンパに混ざって一部に使われていることは多いのですが、
こちらはシートポストまでフルで揃っています(@_@)

そして刻印も入っているとなると、
これまたなかなかないセットです。






Cinelliは、言わずもがな(^_^;)
スーパーコルサさんです♪

カラーリングがよいですね♪
メッキとオフホワイトの組み合わせ。
これまた珍しい(^.^)

サイズが大きいので、
背の小さな私は試乗も大変です(^_^;)



二台ともほぼ同時に入荷しまして、
大変お待たせしておりますので、
ほぼ同時進行で整備を進めております。

写真を一つずつ並べるのも長くなりますので、
ざざっとお写真を!(^_^;)


 



MOSERはパーツに問題となるダメージもなく、
良いコンディションです♪
作業もスムーズ^^
クランク、ちぇんーんリングの色入れもGood!


Cinelliも特に問題なし!
ブレーキフードは黒から茶に交換、
バーテープも巻き変えますのでハンドルクリーニング。
ブレーキキャリパーもオーバーホール&チューニング


あとはホイル関連、ケーブル、と仕上げに移ります。


どんどん作業を進めます。
もうしばらくお待ち下さいませ。
m(._.)m



この二台が終わったら、
次はLegnanoのご納車整備です。



そして、
販売準備途中の車両の仕上げ、
入荷車両の組み上げ、
Cinelliデカール(60年代、70年代)の仕上げ、
...



コツコツいきます(^.^;)


それでは今日はこの辺で!
ではでは〜♪



入荷時の試乗。短足な私はおまたが痛いです^^;;



あか~いTommasiniのフルメンテ その①

お盆休みも終わり、
もうすぐ9月に入ろうとしています。


子供たちの夏休みも今週いっぱいまで。
少し早めの2学期スタートです。


昔は、

8/31は宿題で泣いてる日

だったんですがねぇ(笑)

 

長男は夏休みの宿題も全部終わって
遊び遊びの日々。

遊びから学ぶことはた~くさんあるので、
どんどん遊んでくださいな^^


機械いじりにも興味があるようで(遺伝?)

壊れたデジカメを全部分解して、
中のレンズ部品だけ残して棚に飾ってありました^^;;


絶対に将来、いつか役に立つから、
いろいろなことを経験してほしいですね^^


-------------------------------

 

こんにちは、Anton Bicycleです。

 

今日はTommasiniのメンテナンスの進捗をご報告。


福岡在住のお客さまよりフルオーバーホールのご依頼です。

・駆動部すべて
・外観で気になる部分も手直し
・タイヤやケーブルも新調

 


まずは外観から。


シートポストなどに色が入れてあったのですが、
青のペイントが凸凹ムラムラ。

これはイヤだ!
とのことでしたので、一度色を剥離して入れなおしました。


これはさすがに。。



塗りなおし


完成♪


 

Fさまのお好みは、、

「経年劣化を楽しまれる」

ではなく、

「きれいなバイクに乗りたい!」

でして、

 

特にご指定はありませんでしたが、
ステムの刻印も色あせておりましたので入れなおしました^^



ここも。

 

 


次に、駆動部をバラバラにしていきます。


グリスはたっぷり入っておりました。


洗浄してパーツの状態を確認していきます。

 


BBは、ボールの走った後はありますが、
虫食いは無く問題なし。

(フレームについている右ワンも確認)

 

ウォーターシーフはパックリ割れてますので新品に交換。

 

 


ヘッドパーツは、、、


クラウンレースに定番のボコボコがありました。

これは補修しましょう。

 

少し補修したところ。

まだ少し凹みが見えますね。

 

 

さらに追い込んで

 

最後に鏡面仕上げ

 

そして、元の位置にお戻りになりました^^

 


パーツメンテが終わりましたので、
組んでいきます。




ヘッド

 

BB

 

ウォーターシーフのカンパマークは、
シェルの穴から見える位置にしてしまいますよね(^.^)

 


ブレーキキャリパーもクリーニング、調整。

 

 

残るはホイル関連ですね。

・ハブのOH
・フリー、チェーンも
・タイヤ、チューブ交換

最後に、
・ケーブル張り

 

 


もうしばらくお待ちくださいませ。
m(._.)m

 

 

続きはまた後日^^

ではでは~