まさに機能美♪Marasotni Specialissima

4月になりまして、
新生活をお送りの方も多いかと思います^^

私も多少変化がありまして、
さぁどうしていこうかな、、と思案中でございます^^;;


先日Facebookにアップいたしましたが、
今年の桜とのショットはこのバイクとなりました。


グリーンのDe Rosa
フルオリジナル

(急遽時間ができた夕方に行きましたので
写真が暗くなっています。。)


1973年(74?)ということでかれこれ45年経っております。
私より年上の先輩です^^
 
ボトルケージの取り付け部は、
ボルトがフレーム側から出ています^^

このコンディションで残っていること自体素晴らしいですが、
欧州で50年、100年と多くのバイクやクルマ、家具などが、
オリジナルの状態で多く残っている。
これはやはり古いものを大切にする文化ですよね。

古いクルマの税金を優遇する制度もあったり、
日本とは真逆ですね。。。


この年代のDe Rosaは本当に貴重で、
コンディションはずっと維持していきたいものです^^

 

--------------------------------

 


こんにちは、Anton Bicycleです。

 

今回は、、、

 


Marastoni Specialissima 1973y

のご紹介です。

お客さまにオーダーいただいておりまして、
やっとこさ入荷してきました^^


こちらフルレストア済みの大変きれいな車両となります。

この車両の特徴はここ。



ブレーキとフロントディレイラーの直付け。

スッキリ♪



MarastoniにはこちらのタイプのFD取り付けもあります。



ビンテージ好きの方はご存知の、
PalettiがPatentを取っていた手法です。

Marastoni氏とPaletti氏は大変仲が良かったようですね^^

しっかりボルト止めはしてはありますが、
やはりレスポンスが、、、と、
乗っていて感じられる方もおられるかと思います。


それに対し今回の直付けは、
取り付け精度高く、レスポンスもばっちりです♪
メッキ処理で魅せることにも抜かりありません。
まさに、「Marastoni=機能美」





Marastoniはどの車両を見ても
きっちりこだわって作られているのが伝わってきます。

なかなか見つからない車両ではありますが、
これからもお探ししていこうと思います^^


そして、先ほどのDe Rosa同様、
後世にずっと残っていってほしいものですね^^



今回の車両はこちらにお写真たくさんございます。
よろしければご覧ください^^
 ←クリック^^
 


これから整備を進めていきますが、
ブレーキの調整など普通とは異なる点もありますので、
追ってお伝えできればいいかなと思っております。

 

簡単ですが、今日はこの辺で^^

ではでは~♪

 

 

 

 

De Rosa + Campagnolo 50th 完成しました♪

すっかり春ですね♪
各地で桜も見ごろをむかえているようですね。

先日Facebook、Instagramにもアップしましたが、
ここ福岡も桜が満開です♪


今週末はお花見をされる方も多いのではないでしょうか(^^)


毎年毎年、桜とバイクの写真を撮っておりますが、、、
今年は、、、

ちょうどよく入荷したバイクがないですね~(汗
なにか考えます^^;;

桜が散る前までに。。。



-------------------------------------------------------


こんにちは、Anton Bicycleです。

やっとこさ、
カンパ50周年に組み換えのDe Rosaが完成いたしました^^



大変お待たせいたしました!m(._.)m




ペダルなどの最後の作業を記しておこうと思います^^


お客さまがお送りくださった50周年ペダル。




アルミのくすみを磨いてピカピカに♪




50周年バッジ





色入れも行いました。




シャフトはもちろんチタンで、
ものすごく軽いですよね♪





トゥークリップとストラップも取り付けて車両に装着!





踏むのがもったいないくらいですね^^;;




最後の仕上げに、、、


お客さまご要望のサインデカール。
イエローで作成してペタッと。






テストも終えて晴れて完成となりました!



乗っているときに見えるフロントホイルのキラキラがたまりません。




こんなアングルも視界に入るので、、
ついつい、にやけてしまいます^.^;;
羨ましい限りです^o^


撮影OKのご配慮もいただきましたので、
後日ホームページにアップさせていただきます^^


お客さまのあの素晴らしいお車とのツーショットなどを
勝手に想像して楽しんでおります^^;;

今回は大変素晴らしいプログラムのお手伝いをさせていただき、
本当にありがとうございました!


現在梱包を進めておりますので、
お手元に到着するまで今しばらくお待ちくださいませm(._.)m





それでは、今日はここの辺で^^


しかし、
桜とのツーショットを考えないと。。



De Rosa + Campagnolo 50th もうすぐ完成♪

我が家の近くでもロードバイクの数が増えてきた気がします。
(ツーリング、トレーニングに訪れる方々が多い地区なんです)

ずいぶんと寒さが和らいできました^^


例年そうですが、
寒さが和らぐと、お問い合わせやご購入が増えてまいります。

冬ごもりオフシーズンから春のオンシーズンに向けて
みなさんもご準備されているのでしょうね^^



そのご準備のお手伝いを急ピッチで進めておりますので、、
 
De Rosa、Rossin、MASI、、、、


今日はその進捗を。。

 


-----------------------------


こんにちは、Anton Bicycleです。

今回は、
De Rosaフレームにカンパ50th組み込み
の作業をお伝えします。

今回のプログラムは、、、

こちらの記事に書きましたが、

Colnagoからはずしたパーツを、
以前販売いたしましたこちらのDe Rosa

のフレームに移植していくプログラムになります。


50thパーツを外すところまではお伝えしておりましたので、
今回はそのパーツのメンテナンスから。


オーバーホール、磨き、色いれ、、などなど。。。。

これだけでもなかなかのボリュームです。

 


ヘッド、BBもオーバーホール後にフレームに組みなおし。
 

動きも完璧♪

 


ブレーキキャリパーのシャフト
 

グリスも切れ、錆びも出始めていました。
ぎりぎりセーフです!

こちらも色いれ
 


この50thブレーキキャリパー
きちんと調整すれば、ナットのゴールドプレートは、
傾かずにまっすぐ整います。
 


車両に組んで、
前後ともきっちり真正面だと気持ちよいですよね^^
 


インスタなどで、
このプレートが傾いている写真がたまにありますが、
まっすぐに整えてあげたくなります(>_<)



ハンドルは革巻きです。
お客さまのオーダーは黒革にイエローステッチ


革が黒なのでイエローの発色が少し落ちますが、
フレームのイエローロゴに合わせてのご選択♪

エンドキャップもお客さまご指定です♪


ホイルも50thハブに新品リムで組みなおし。


まずはばらして、



ハブ単品だと磨きやすいです♪



こちらもご要望通りに色入れ




エアバルブから覗くとロゴが見えるように。







くすんだレバーも磨きます。
この年代のビクトリー、トリオンフなども磨くとピカピカになりますね♪


このあとこちらも色入れしています。



車両の形になってきました^^


シートポストも磨いて♪


もともと入っていた溝のホワイトは抜いて、
文字だけに黒を入れます。




 いよいよケーブル張りですが、、、

イエロー、ブラック、スモーク、クリア
 どれにしましょう?^^



ロゴに合わせてイエロー?



すっきりとクリアー?



 お客さまお選びの間に、
ケーブル以外の作業をすべて終わらせて、、、






もう少しで完成です。
大変お待たせしております!


なんとかシーズンインまでに。。


それでは今回はこの辺で
ではでは~♪