COLNAGO ポンプのオーバーホール

なんだかやっと雨がやんだ気がします。。
4月に入ってからずっと雨でしたから(・・;)

この時期の雨は、
「桜散らし」ですとか、「桜流し」というようですね。
ここ福岡は雨と風で一気に桜が散ってしまいました。
ささ~っと過ぎ去った感じがします^^;;

桜前線は北上し、これから桜が咲く地域もありますね。
桜と一緒に北上すれば、4月いっぱいは桜が見れます。
自転車で桜とともに北上。。
こんな旅をしていらっしゃる方もいらっしゃるのかな?^^





------------------------------

こんにちは、Anton Bicycleのヒロです。


今日は、
COLNAGOマーク付ポンプのメンテナンスについて。

全体にメッキが施されておりますが、
入荷したときにはご覧のような状態です。
colnago-pump-oh-1-26
colnago-pump-oh-1-27

シミや小さな腐食

いつものように綺麗に取り除いていきます。
フレームやフォークなどのメッキと違って、
かなり弱いので可能な限り、、、ということで。。
colnago-pump-oh-1-1


メッキしたての完全無傷
とまではいきませんが、なんとかここまで取れました。
colnago-pump-oh-1-3

colnago-pump-oh-1-8
colnago-pump-oh-1-9


colnago-pump-oh-1-11


次は長さの調整です。
装着予定のフレームに対して2cmほど長いので、
カットしなければなりません。

まずは分解。
colnago-pump-oh-1-7


このねじ蓋部分でカットします。
colnago-pump-oh-1-12
colnago-pump-oh-1-13



それではカットしましょう^^

さくっ!
colnago-pump-oh-1-14
メッキもしっかり厚みがありました。


そして新たにメネジを切ります。
ねじ蓋と同サイズのタップで、、、

colnago-pump-oh-1-15


colnago-pump-oh-1-16
切れました♪
(タイラップは口われ防止)

colnago-pump-oh-1-17
ぴったりです


このカットだけではまだだめで、
ピストンロッドも少しカットします。
colnago-pump-oh-1-18


カシメをつぶして分解
colnago-pump-oh-1-19


長さを整えて、、、
colnago-pump-oh-1-20


カシメ直せば出来上がり♪
colnago-pump-oh-1-21


完成です^^
colnago-pump-oh-1-25
colnago-pump-oh-1-24


東京都のO様お待たせいたしました。
これにて納品させて頂きたく思います。
m(._.)m


それでは今日はこの辺で^^




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です