Grandis (Velona ,Italy)

雨が降るか降らないかの福岡です。

ここのところ長男が魚釣りにハマっておりまして。。
昨日夕方も雨の中、行く!というので釣り道具を急いで用意し、
カッパを着て雨の中釣り釣り釣り。

結果は釣れませんでしたが、
釣りをすることがたまらなく楽しいようです^^

そして今日、早朝。
行く!
と叩き起こされ。。
またまた釣れませんでしたが^^;;

そして今、これから釣りに連れて行け!
と言っております。
これを書いたら行ってきます(-_-)

私も小学校の頃に釣りに目覚め、毎日釣り。
高校の時なんかは、自転車で朝学校に行く際に、
川の草むらに釣り竿を隠し、
帰りに制服のまま釣りをして夜帰宅。
なんてことをやっておりました^^

当時の自転車は、全バラ、好みのカラーにリペイント、
フルオーバーホール済みのマウンテンバイクでした♪

—————————————–

こんにちは、Anton Bicycleのヒロです。

先日からお知らせしておりますこちらの2台。
chesini-slyblue-52-70s-062
Grandis と Chesini

昨日撮影を終え、先ほど商品ページにアップいたしました。
http://www.anton-bicycle.jp/home/bikeframe/

どちらも大変雰囲気の良い車両です♪
特にGrandisはおそらくもう手に入らないほど希少な車両ですので、
ぜひこの機会にどうぞご検討ください^^

売れなくてもよいです。。
売れなければ、私が乗ります^^;;

さて、このGrandiとChesini

どちらもイタリア北部のヴェローナ(Velona)のブランド

そして操業は、
Grandisが1930年
Chesiniが1925年
とどちらも近い年代。

Chesiniは日本でも認知度があるかと思いますが、
Grandisは聞きなれないです。
現地イタリアではColnago、De Rosaなどと共に認知されております。

今回はGrandisについて。(Chesiniは次の機会にでも…)
grandis-super-leggera-gold-52-70s-054

創業者Silvino Grandisさんが初めて自転車を作ったのが1930年。
ですが、1965年までは特に市販されることはなかったようです。
Grandisのブランド名を世に出したのが1965年とのこと。

30年ちょっとの長い間経験を積み腕を磨いていたのでしょう^^

1957年にはVenice Aチームのオフィシャルメカニックを務め、
その後もあのSansonジャンニモッタのオフィシャルメカニックに。

ウーゴデローザ氏も1970年頃にはSansonのメカニックでしたので、
この頃のトップビルダーの一人であることは間違い無いですね。

その後も着実にGrandisは成長を続け、
2000年に入ってからは工場を拡大、
今の大きなGrandisとなっていきます。

grandis-super-leggera-gold-52-70s
grandis-super-leggera-gold-52-70s-004

しかし、作り込みが非常に丁寧です。まさに芸術品。
Chesiniも同様ですね。

grandis-super-leggera-gold-52-70s-038

grandis-super-leggera-gold-52-70s-013
ラグの薄さ長さが技術力の高さを物語っております。

リアのブレーキブリッジ
grandis-super-leggera-gold-52-70s-045
湾曲しております。

シートステイのより低い位置にブリッジを取り付けた方が
剛性が高い、という考えからだそうです。
どうなんでしょうね。

grandis-super-leggera-gold-52-70s-044
補強部材の作り込みも丁寧ですね。

grandis-super-leggera-gold-52-70s-021
このGrandisのマーク

似ているものもあります。

Guerciotti_head
Guerciotti(Milano)

どっちがどうではないですが、
70年代当時、某Rのように、文字が似ていて訴えられた!
などもありますしね^^;;

とにかくこの希少で素晴らしいGrandis Super Leggera

grandis-super-leggera-gold-52-70s-001

ずっと後世まで引き継いでいきたいものです。

それでは今日はこの辺で^^


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です