大変小さなRossin Record販売いたします♪

大変暑くなってきました〜♪

冬の雪遊びもすきですが、夏の海も好きです^^

週末、長男と釣りに行きまして、、、
なんと長男入れ食い!

そしてわたしは1匹のみ^^;;

長男はキャストも大変うまくなってきてまして、
成長著しいです(@_@)

私は伸び代がありませんので。。。汗

私の釣果は、、、でしたが、

子供がとても喜んでいる姿を見ると、
嬉しくなってしまいますね♪
写真をた〜くさん撮っておりました^.^

それだけで大満足な週末でございました^^

そして今はビワの季節。
もぎたてあま〜いビワでお口も幸せです♪

みなさま週末はいかがお過ごしでしたでしょうか?^^

今週も元気に参りましょう♪

——————————————————–

こんにちは、Anton Bicycleです。

今日はこちらの車両のご紹介です^^


Rossin Record 1984y

ヘッドチューブの長さを見てお分かりだと思いますが、
大変小さなサイズとなっております(^^)

Top tube : 510mm(c-c)
Seat tube : 480mm(c-c)/495mm(c-t)

スタンドオーバーハイトは740mm(ケーブル込みだと745mm)
写真の状態でBBセンターからサドルトップまでが650mmとなっております。
サドルの先端からハンドル芯までは450mm。

この車両の特徴は、
フロントフォークがエアロタイプが採用されております。
真上からお写真を撮ってみましたが、
扁平さがお分かりになるかと?思います^^;

以前メンテナンスをさせて頂いた貴重なRossin Laserと同じものなんです♪

メンテナンスをさせて頂いたので分かりましたが^^;;


これはチェーンステイを下から見たところ。


BBシェルのRマーク
Rossin初期の初期は2本のスリットですね。


ステムに刻印


パールホワイトにモノトーンデカール、
メッキラグ、ブラックステム
この部分だけでもとても魅力的♪

コンポはビクトリーです。

この車両ですが、フレーム内部に、、、


こんな紙が入っておりました^^

たま〜〜〜〜にしかありませんが、
当時オーダーされた方のお名前記載の紙が出てくることがあります。

このようなものが見つかる、出てくるのも
ビンテージの楽しみの一つですね^^

こちらの車両ですが、販売開始は6月7日お昼12:00〜とさせて頂きます。
それまでじっくり?ご検討ください^^

お問い合わせももちろん大歓迎です♪

お写真こちらにたくさんございますので、
どうぞご覧くださいませ♪

それでは、今日はこの辺で^^
ではでは〜

激レアROSSIN LASERのリフレッシュ!^o^

先日フェイスブックにて
Bianchiの再販をお知らせ致しました。

お写真はこちらです♪

すぐにお電話等でお問い合わせもありましたが、
サイズが合わなかったり。。

当店では小さなサイズをメインに販売しておりますが、
たまに大きなサイズをご希望のお客さまもいらっしゃいます。
少し大きなサイズも必要かな?なんて思うこともありますが。。

昨日また1台、小さなサイズの入荷が確定しました^^;;

小さなサイズが見つかるとついつい手を伸ばしてしまいます(^_^;)

 

 

————————————–

 

こんにちは、Anton Bicycleです。

 

今回はこちら。

ROSSIN LASER

1982年?に少量だけリリースされた
ひじょ~にレアなフレームです(>_<)

このお写真でお分かりでしょうか?
断面が扁平です。


COLNAGO OVAL CXのような感じです。

エアロですね~♪

 

こちらはいつもお世話になっているお客さまのフレームでして、
今回は小傷などの補修とデカール作成のご依頼です。

デカールは、今貼ってあるもののダメージの大きな数枚を貼り替え、
そして将来のフルレストアのためにデカールセットを
ご準備させていただきます。

 

デカールはいつものように現物をトレースしたり
写真を撮ったりしてデータ化していきます。



地道な作業でございます。。

 

あとは印刷して、輪郭をマシンカットして。。


 

 

トップチューブの貼り替え


反対も。

 

ばっちりです♪

 

チェーンステイ貼り替え

 

 

そして今回、このボトルにもROSSIN LASERデカールを、
ということでデカールを作成。



サイズを2種類作りましたが、
小さなほうがしっくりくると思います。
大きな方は何かにご使用ください^^

 

 

傷のタッチアップですが、

年月の経ったフレームというのは必ず日焼けしています。
しかも白ですので、それが顕著に分かります。

しかし、すべてが一様に黄ばんでいるわけではなく、
陽がより当たる箇所がより黄ばんでいて、
裏側はあまり黄ばんでいない。

ですので傷の箇所によって塗る色が異なるわけで。。

 

黄ばんでいるといっても、単純に黄色で調色、
とはならず、赤みがかっていたりします。

こんな感じ。

 

 

一部凹みもありましたので整形して塗装。


 

全部真っ白に塗装!が一番楽ですが、
今回はビンテージ感を残した補修をさせて頂きました。


表面はパールがかっています。

 

完成です♪


 

デカールセットは後日発送いたします。
ヘッドチューブ部とシートチューブ部のグレーパターンが
これから製作となりますので^^;;

 

データ採取は終えております。



 

大変お待たせいたしました。

このたびはご用命誠にありがとうございました。

例のサドルもこの後対応いたします。
m(._.)m

 

 

それでは今日はこの辺で^^

 

 

 

 

デカールのことや、Rossin Recordご納車整備の続き…

ここのところ
デカールへのお問い合わせが続いておりまして、
海外からのお問い合わせも多くなっています。

 

ebayなんかでも売っているのですが、
そこにはないものをワンオフで製作してくれないか。。
というお問い合わせです。

データ作成は基本的に、
車両現物からトレーシングしたり、
パイプ曲面に貼られたデカールの写真を
円弧に沿って角度を変えながら撮影し、
それを元にデータ作成していきます。

 

海外のお客さまにも同様のことを行って頂くのですが、
意図するようなお写真でないことも多く。。^^;;

 

デカールの詳細ですが、
厚さ15ミクロンの透明シートに印刷をし、
その上から同じ15ミクロンの透明シートにてラミネートしています。

色の再現によってはこの2枚構成(30ミクロン)ではなく、
3枚構成(45ミクロン)になる場合もあります。

 

デカールには転写シートが貼ってあり、
フレームに貼った後に転写シートだけをはがせば
デカールだけが残ります。

 

水貼りデカールの作成もできますが、
もっと薄い他の良い素材や手法がないか、
企業様のご協力も得ながらいろいろと試験中です♪

 

 

—————————————–

 

こんにちは、Anton Bicycleです。

 

それではRossin Recordの続きを。

 

 

ヘッドパーツの続きから。


ダメージの多いボールレース。

 

研削して磨きます。

これでハンドルを切った際の
カクカク感はもなくなり、スムーズに動作しますね♪

 

次にBB。
こちらは特に問題もなく、

 

フレームに組み込み、クランクも取り付け。

 

 

次にハブ。

グリスが汚れています。
洗浄して。。

 


直レバーなどと呼ばれますね^^

 

 

そしてこちらリアの球押し。。

しっかり跡がついています。

これも研削して整えます。

すっきりしましたね^^

 

球押し調整も行って、ホイルも完了です。

 

あとはタイヤ貼り、ケーブル引き回して完了~

 

ケーブルの色はただいまお客さまへお尋ね中です。
何色をご選択されますでしょうか♪

 


Rossin Recordはほぼ完了です。

最近は「ほぼほぼ」なんて言いますね笑

 

 

さて次は、marco Marastoni

そして、Colnago Mexico

 

作業は果てしなく続く。。。

大変お待たせしております(>_<)

 

今日はこの辺で。。