Colnago Super入庫 HPに掲載しました♪

ずいぶんずいぶん涼しくなりましたね。

真夏は太陽を避けて、日影日影、、、
と歩いていたのに、

今は、日なた日なた、、、
と太陽の当たるところを歩いています^^;;

木々の葉っぱも色づいてまさに秋
 
バイクに乗るのにも大変よい気候で、
紅葉をバックにバイクの写真を撮ったりも楽しめますね♪
もちろん食欲の秋ですから食べ物も(^.^)

週末、どこか紅葉を見に行こうかなと思っております^^

———————————————————

こんにちは、Anton Bicycleです。

今日は、、、
 Colnago Superのご紹介です。

少し前に入庫はしていたのですが、
バタバタしておりまして、やっと販売準備が整いました(>_<)
m(/_.)m

ホームページにお写真たくさん掲載いたしましたので、
どうぞご覧ください♪(下の写真をクリック)
 

 詳細ページはこちら

まずは、、、

なんといってもこのサイズ!
Top tube : 505 mm
Seat tube : 470 mm(c-c) / 485 mm(c-t)

これまで扱った中でおそらく最小です@o@

商品説明にもありますが、

スタンドオーバーハイトは740mm
写真の状態でリーチ(サドル先端からハンドル芯まで)は450mm
サドルは前後にあと15mmずつは調整可能です。

ヘッドラグはメッキ

若干擦れがみられます


シフターは穴あきをセットしました

シフトチェンジは優しくお願いします^.^

先端だけで操作をすると曲がってしまう恐れがあります。
なるべく根元付近まで保持して操作していただくのが良いですね。

 
パーツは70年代~80年代のものが使われています。
動作など特に問題なくコンディション良好です。

ブレ^気の操作もかなり固かったので、
オーバーホール&チューニングを行いました。

ケーブルもインナーアウター共に新品交換しております。

コルナゴ刻印は、ステムとシートポストにあります。




 
シートポストはさっと磨いて、色も入れなおしました。

後々、刻印入りのチェーンリングに交換していくのも良いですね♪

今回はタイヤにイエローが入っていたので、
ケーブルもイエローにしましたが、

サドルとハンドルをブラウンにして、
や、ホワイトにして、ケーブルの色も変更して、、、、
などいろいろと楽しめそうです♪

いかがですか~^^
ビンテージに乗りたいけど身長が、、、
という方も是非^^

それでは今日は簡単ですがこの辺で。
ではでは~

Cinelli Super Corsaの販売準備中♪

先日早起きして朝焼けの写真を撮りました♪

この色合いが好きなんです♪
しばらく見とれておりました^^

このキレイな色も日の出前の数分間だけで、
5分も経つとこのような色に変ってしまいます。

昔から朝焼け、夕焼け、夕日が大好きで
ついつい写真を撮ってしまいます^^

7月の東北での夕焼けが今までで一番きれいだったかなぁ

別アカウントで、
夕日、夕焼けのみのインスタをやってたりします^^

が、、、フォロワー2人だけという(笑)

写真置き場として使っているので
それでいいんですがね^^;;

———————————————-

 

こんにちは、Anton Bicycleです。

 

さてさて今日は、、、

販売準備中のCinelli Super Corsaについて記しておきます^^

フレームカラーはシルバー

パイプはSLXです。

サイズは大き目で、

Top tube : 560 mm(c-c)
Seat tube : 555 mm(c-c)/570 mm(c-t)

となっております。

 

 

入荷時に既にパーツがバラバラでしたので、
フルオーバーホールを実施しております^^

では早速。

洗浄後のパーツたち

Campagnolo Chorus


ハブは後ほど出てきますがクローチェダウネとなります。

 

ヘッドパーツとBBも取り外して洗浄します。

Before

After

コンディション問題なし♪

 

フレームに圧入してある下ワンに傷がありましたので、
一度取り外して傷がダウンチューブの陰に隠れるように組みなおし。

傷が隠れました^^

玉当たり調整しながら組み込んでいきます。

 

ブレーキやディレイラー、クランクも組んで。


オーバーホール済み、磨き済みのハブ

シートポストも磨いて、

組み込み

 

そしてケーブルとバーテープですが、

いつものように悩みます。
何色にしようかな?

バーテープをモノトーンにしてケーブルに色を入れるか、
ケーブルをモノトーンにしてバーテープに色を入れるか。


フードは白

爽やかにブルーでも巻きますか^^

ケーブル白でバーテープ水色かな^^

あともう少しで完了です~

完了後に撮影してホームページにアップいたします♪

 

今日はここまで!
ではでは^^

BottecchiaのフルMAVIC組み完成!とご納車♪

こんにちは^^

まーしかし暑い日々が続いております。

去年より暑いんじゃない?
と思っていましたが、、、

7月の平均気温は実は去年の方が高かったとのこと(福岡)
(@o@)

そんなに暑かったかな?
記憶はすっかり飛んでいっております笑

また来年同じとを思うんでしょうねぇ^^;;

日中は40℃近くまで上がっております。
運動は控えるように!といろいろ発信もされております。

どうぞご自愛くださいませm(._.)m

 

——————————————-

 

こんにちは、Anton Bicycleです。

 

ようやく完成しました~♪


Bottecchia

 

フレームからパーツからぜ~んぶお客さまが集められて、
それをメンテナンスしつつ組み上げさせていただきました。

ということで昨日ご納車させていただきました♪

 

途中、別のお客さま宅にもお寄りして、一緒にご訪問。


お客さまのガレージ前にて。
いつもワクワクします^o^

 

そしてお披露目。。ドキドキ。。。

早速スタンドに立てて、皆さんで撮影会(^-^)

このパーツいいね!この色、組み合わせよかったね!
などなど、話は尽きません♪

お客さまの笑顔が見れるとホッとします^^

 

そしていよいよ外へ。。

また緊張しますね^^;;
自分の作業の結果がもろに目の前で出ますから。

 

ちょっと余談ですが、、、
ご納車の際の緊張は3回あります。

まず、1回目は、お客さまが初めてバイクを目にする時。
どのようなご反応をされるのか、いつもいつも緊張します。

そして2回目は、実際にお乗りになる時。
いきなり不具合がでないかな、、、しっくりくるかな、、、などなど。

ご納車の際には、お客さまに合うポジションを想定して、
あらかじめセッティングしていきます。
現場で調整すればいい話ではありますが、、、、
それがうまく決まっている場合と決まっていない場合とでは、
お客さまの最初の印象に大きく影響します。すると思っています。

今回はうまくいったかな?
サドルのボルト増し締めがありましたが^^;;

そして3回目の緊張は、ご納車の翌日以降。
乗るにつれて不具合が出ることがあります。
調整で済む内容であればいいですが、
致命的な何かが出ないか、、、、
などいつも緊張します。

こう書くと、ずっと緊張してる気がしますね。。。

この3つの場面を常に想定して作業を進めさせていただいておりまして、
作業にお時間かかることもございますが、
どうぞご理解くださいませm(._.)m

 

ちょいと脱線しましたが、、

外でお客さまと試走したその流れで、
食事へいこう!ということに^^;;

イタリアンのお店へシューーーーー!っと速い速い。

私はクルマで追尾しておりました^^

シェフともお客さまとも大変楽しいお時間を過ごさせていただきました。
イタリアの話、ワイン、食べ物の話、車の話、警●の話^.^
ありがとうございました!♪

 

そして今朝、メールが1通。。。
開くときにこれまた緊張します。。

朝から写真撮ってみました~♪
と、いろいろと撮影されたお写真をお送り下さいました。
ありがとうございました。
ほっ^.^

そのお写真はギャラリーに掲載させていただきましたので
どうぞご覧下さい♪

今回の作業、貴重なパーツもいろいろありました。
それらに触れる機会をいただきまして大変感謝しております。
ありがとうございます!

今後ともよろしくお願いいたします。

この度はご依頼いただきまして、
誠にありがとうございました!m(._.)m

 

 

と、このBottecchiaと入れ替えに、
こちらのColnago Masterの次のオーナー様をお探しします♪
販売いたします♪

ご覧の皆さんの方がお詳しいかと思いますが^^;;
当店で組み上げ、フルメンテナンスを行った車両です。

撮影後にホームページに掲載させていただきます♪

サイズはかなり小さいですよ~♪

Top tube : 525 mm(c-c)
Seat tube : 495 mm(c-c)/510 mm(c-t)
Stand over height: 755 mm

 

 

それは今日はこの辺で!
ではでは。

 


いや〜、かっこいい♪