見つけたぞ~!! OLIVETTI!

今こちら福岡は大雨、雷ゴロゴロ状態。
数百メートル先も見えないです。

関東甲信越、梅雨明け!

とのことですが、
西日本よりも先に東日本から、
というのがなんだかピンときませんね~^^;;

また熱い夏がやってきます(ギラギラ)。

今年の夏は何しよう?

みなさんご予定ございますか~^^

———————————————-

こんにちは、Anton Bicyleです。

今日は、、、、

作業ではなく、モノ探しについて^^

先日、東京行きの飛行機を搭乗口前で待っておりましたら、
お客さまより、

自分のバイクのデカールをなんとかしてほしい!

というお電話をいただきました。

その車両はこちら、、、

この車両は!?

と記憶におありの方もいらっしゃるかもしれませんね^.^

この写真は今年5月のeroica JAPANの時のものです。

そしてこのバイクは、
某有名ショップメンバーが海外から持ち込んだ車両。

インスタで、あ~来てるな~と私は見ていました^^;;

イベントを走り終えた彼らは、
バイクを持ち帰るのが面倒?笑

かどうかは分かりませんが^.^

その場で格安格安で販売。驚きのお値段で(@o@)

それをタイミングよくお買い求めになられたのが当店のお客様S様。

そしてそれに「乗りたい!」とご入手さられたのがS様ご友人のK様。

そしてこの話をS様、K様のご友人のS様から
お電話をいただく前に耳にしていたのが私。笑

で、K様のご友人にH様がいらっしゃって、
以前当店でバイクをお買い求めいただいていたり。

と、ビンテージの輪がグルグルつながってつながっている状態^o^

いつも皆様ありがとうございます!
m(._.)m

んで、車両のお写真をもう少し。

OLIVETTI

調べてみますと(ネットには情報は、ほぼないですが。。。)

イタリアロマーニャ州のレッジョミリアにあった小さな工房、ショップで、
OLIVETTIとはそのフレームビルダーの名前。

ショップといえども、たまにしか車両は作らず笑
現地でも車両はほぼ出回っていないそうです。

そんな車両がこのような良いコンディションで残っている。

とても大切に扱われていたことがうかがえますね。

サイズも良いですね♪

写真を見てお分かりのように、この年代に多いダメージ。

シートチューブのOLIVETTIマークにダメージ。
ヘッドにも同じものがあるはずですが、
それはなくなっているそうです。

で、先のお電話をいただいた、というわけです。

「ヘッドマークが欲しい!」

作るしかないだろうなぁ、、、とネット検索するも、

アメリカのタイプライター、MTB会社の情報くらいしか出てこない。

ダメもとでそこに聞いても、イタリアのOLIVETTIは知らなかった!
とのお返事^^;;

あ~~~、マークの写真がないと作れない~

で、いろいろなルートを当たるも、
イタリア人ですら知らないブランドだったり^^;;

ロマーニャ州のとあるルートに当たってみます。

ビンゴ!!!!!


これ!!!!

すぐにデカールを見つけてくれました!!!!

当時のオリジナル、ホンモノです!

さすがA氏。
いつもありがとう!Grazie!

写真をもらった時、ガッツポーズですよね^^;;

すぐに譲ってもらうよう交渉。

ゲットデキマシタ^o^
これから日本へ発送してもらいます♪

一枚しかない、まだ貼れるかどうか分からない、

ので、現物見てからどうするか考えます。

これをデータ化してデカール作成、かな。。

K様、今しばらくお待ちくださいませ^^

これって、世界に一枚かも。。(大げさ)
なんて勝手に想像すると、
なんだか嬉しいものです^^

それでは今日はこの辺で。

ではでは~♪

Olympiaの試乗会、とバンプラ並んだ嬉^.^

今日から2月ですね。

例年に増して寒さが厳しい冬になっているような気がします。。

が、親も子も雪遊びが大好きなので、
雪が降ればすぐに山へ雪刈りに^^

これは1月13日。
場所は、福岡のお隣、佐賀県の山です。

今月もう1回くらい積もるといいなぁ。。

市内で積もると交通麻痺してしまうので、
山だけ降ってくれればいいです^^;;

そんな都合のいい降り方はないですね。。

 

しかし考えてみますと、、、

1月はBlogを書いておりませんでした!(>o<)

Facebook、インスタは日々更新しております。

Blogで改めましてご挨拶ということで、、
あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします!m(._.)m

^^;;

———————————————-

 

こんにちは、Anton Bicycleです。

年明けからばたばたと忙しい日々を送っております。

そんな中、昨日お客様宅をご訪問させていただきました。

用件は、、、

新たなお客様のご紹介です^^
ありがとうございます!

ビンテージにご興味をお持ちとのことで、
サイズ確認などを行いたいと。

バイクを持ち込んでの試乗会です♪

バイクはこちら。


Olympia


Bianchiに次ぐ老舗ブランドですね。
創業は1893年!
Bianchiは1885年!

細部の作りこみも丁寧で好きなブランドです。

がタマが少ない。。

今回のこの桜色の固体は、サイズが57とかなり大きく、
小さなサイズをメインに扱っている当店ではかなり珍しいもの。。
いつか販売しようか、刻印パーツを自分で使おうか、
と倉庫の奥にしまっておりました。。

この車両の存在も忘れかけていたころに、

身長185cmでも乗れるバイクはないですか!?

と今回ご試乗のご連絡をいただきまして、
急遽整備を行ってご試乗いただきました^^

この大きな車両をさらっと乗れてしまう。。
うらやましい身長です^^;;


別のお客さまも小さなサイズをご試乗。

クルマがほとんど通らない安全な道で。

ビンテージの雰囲気を少しでも感じていただけたでしょうか?^^

ご購入の際はいつでもお声かけくださいませ♪

 

さてさて、今回お集まりいただいたお客様は6名!
私含めて7名でした!

寒い中、
車両入れ替えベテランのお客様もバイクで合流♪ ^.^;;

春にでもツーリング行きたいね!
と盛り上がりました^^

まったり糸島ツーリングいいかもしれませんね~
途中ランチをしつつ^^


そろそろ欲しいなBottecchia♪
(お客さま所有のフレーム)

今回、私が個人的に嬉しかったのが、、、

クラシックレンジローバーが並んだ!こと!^^;;

CRR自体これまですれ違ったことがないくらい数が少なく、
しかもロング(バンプラ)、カラーは同じモスウッドグリーン
とこれまた皆さん手放さないので市場に出回らない車両。

まさか福岡でお会いできるとは思ってもおりませんでした。


少々興奮気味に写真を撮ってしまいました^^;;
ありがとうございました♪

バイクもそうですが、古き良きクルマも残していきたいものですね。

いつか街ですれ違いましたら思いっきり手を振りますので、
今後ともよろしくお願いいたします^o^


バヒュ~ン!ってお帰りになられました!

ということで、
とりとめもなく今回はこの辺で^^;;

 

最後に改めまして、
本年もどうぞよろしくお願いいたします!

 


あ、そろそろ、こちら入荷します(ボソッ)笑

 

 

2つの1975年 De Rosa比較(^^)

急に冷え込んできましたね(>_<)

北海道も10月異例の大雪?だとか。

風邪などにも気をつけないとですね。

 

昨日はハローウィン?ハロウィン?

さまざまなイベントもあっていたようで。。

 

私も含め、ある一定の年代(笑)以上の方には
なじみのない催しものですね。

そもそもハロウィンってなんでしょう??

11/1のキリスト教、諸聖人の日の前夜祭。
秋の収穫を祝い、悪霊を追い出す祭り。

もともとはキリスト教の催しではないようです。

 

まあ、
誰かが仕掛けて日本で定着させて、
これにより仕事が生まれて、、、

という流れでしょうね(^^)

 

子供たちが仮装して楽しむ姿を見ながら、
先祖や収穫に感謝していくのもいいのかもしれませんね(^^;;)

—————————————-

 

こんにちは、Anton Bicycleです。

ご納車整備もひと段落着いて、
ここでちょっとブレイクタイム?(^^)

 

先日、
2つの1975年製De Rosaが手元にありましたので比較してみました。

ひとつはフレーム状態、
もうひとつは車両状態です。

compare_derosa_1975-09

このフレームは私の普段の足です。
ただいまメンテナンス中でばらばらになっております。
車両の方はすでに手元にありません。

同じ1975年ということで入手しておりますが、
異なる点がいくつかありますので見てみようと思います。

De Rosaといえばハートマークですね♪
いろいろな部分にハートマークがちりばめられています。
どこにハートマークがあるかついつい探してしまいますね^^

この2台はどこにハートがあるのか??

各部を見ていきましょう^^

 

ぱっと目に付くのはデカール。

compare_derosa_1975-11
derosa_1975_new_arrived-54

ヘッドはデザインが少し違いますね。

compare_derosa_1975-12
derosa_1975_new_arrived-61
derosa_1975_new_arrived-45

シートチューブの帯のデザインも違います。

帯が上下にあって、中央にマーク。

が通常のデカール配置。

しかし、フレームの方は、上下帯のみ。
このフレームには貼っていた形跡もありません。。

そしてこの上下帯の貼り方が通常とは違います。。(90度違う)
(普通はハートマークが車両のサイドにくる)

デカールはオリジナルだし、リペイントでもなさそうだし、
このフレームは??

次にラグを見ていきます。

ラグにもハート

compare_derosa_1975-19

compare_derosa_1975-18
1975年車両の方にはハートマークがないです。

compare_derosa_1975-24
compare_derosa_1975-23

フォーククラウンは両者とも同じです。
compare_derosa_1975-21
derosa_1975_new_arrived-10

compare_derosa_1975-27

 

そして、他にハートマークがあるところといえばココ

BB裏
derosa_1975_new_arrived-66

 

ここにハート抜きがある車両は人気ですね♪
なかなかありませんが。。

車両の方には大きなハート抜き。

一方フレームのBB裏は、、、

compare_derosa_1975-01

何もありません。。

 

De Rosaの各部仕様についての
ラグやフォーククラウン、BBシェルなどの
年代別一覧が出回っておりますが、

ハート抜きは1973年~78年にあるようです。

この一覧の70年代あたりを見ますと、
今回のフレームのように抜きのないものが記載されておりません。。

はて???

compare_derosa_1975-05

さらに見ていくと、

BBシェル外径に違いがあります。

compare_derosa_1975-07
compare_derosa_1975-08

BB左ワンとの段差を見ても分かります。

1975年フレーム(抜きなし):φ41mm
1975年車両(ハート抜きあり):φ40mm

BB規格は同じなので、シェルの厚みが違う
ということになりますね。

他社の同年代のバイクは41~42mmが多いです。

1975年以前のDe Rosaはどうなんでしょうかね??
手元にないので計れません。。

 

年代別一覧に載っていない、抜きの無いこのBBシェル。

BBシェルの厚みが違うのは市販モデルではない??
デカールの仕様も違うし??

前オーナーに入手経路など聞いてみようと思います(^^)

それでは今日はこの辺で。

compare_derosa_1975-10

derosa_1975_new_arrived